岐阜県民による脱毛コラム

岐阜県民は飲酒量が少なめ?脱毛前後のお酒はNG?!


岐阜県のアルコール消費量は、ワースト3に入っています。


●ワースト1位は、滋賀県で、
1人あたり(20歳以上)年間 5.11リットル

●ワースト2位は、奈良県で、
1人あたり(20歳以上)年間 5.21リットル

●ワースト3位が、岐阜県で、
1人あたり(20歳以上)年間 5.53リットル


年間6リットル以下。やはり少なめな感じがしますね。まぁまったくお酒を飲まない人も入れての平均なので、飲む人だけで考えるともっと増えるんでしょうが。お酒大好きな岐阜県民の私からすると、なんだか少し寂しい結果です。


ベスト3もみてみましょう。


●1位は、鹿児島県で、
1人あたり(20歳以上)年間 10.25リットル

●2位は、宮崎県で、
1人あたり(20歳以上)年間 9.60リットル

●3位が、東京都で、
1人あたり(20歳以上)年間 9.04リットル


やはりというか、九州男児、鹿児島県、宮崎県がワンツーです。東京も3位に食い込んでいいます。鹿児島、宮崎のお酒は、仲間で陽気に飲んでいるいいお酒のイメージがしますが、東京の飲酒量が多いのは...都会のストレスをお酒で紛らわせてる人が多いのかな...なんて、田舎モノの私はかんぐっちゃいます。


量でゆうとワーストグループのほぼ倍といった感じですね。ただ、年間10リットルならそんな飲み過ぎでもなさそうですが...


脱毛前後のお酒はNG?


エステなどでの脱毛の前後は、お酒は禁止だということはご存知でしょうか。事前の注意点として、脱毛前後12時間はアルコールの摂取を控えるように、といわれると思います。これは、なぜなんでしょう?


大きな理由として、お酒を飲むと血行が良くなって体温が上がりますが、それが脱毛によくないんです。脱毛したあと、かゆみや赤みなどの肌トラブルにつながってしまう可能性があります。


また、血行が良すぎることで、脱毛の際の痛みを感じやすくなるなんてこともあるそうです。


普段感じないはずの刺激、痛みを感じて、かゆみや赤みが残る。お酒を飲んでからの脱毛は、いいことなしですね。


毎晩飲まないと、気がすまないんだーなんて方は、少ないと思いますが、そんな人でも、禁酒するのは脱毛前後だけです。大抵のエステの脱毛は2、3ヶ月に一度、通う間隔の狭いサロンでも1ヶ月に一度の禁酒。これくらいは、我慢できるでしょう。毎晩欠かさず飲む!という女性の方も、脱毛へ行くこの日を休肝日とすれば良いですね。美肌や健康のことを考えた時にも、毎日お酒を飲むのは良くないことです。


これができないとちょっとやばいですね。アルコール中毒予備軍?


脱毛エステ(次の日の午前中に施術の予定)のことをすっかり忘れてて飲んじゃったなんて場合もあります。そんな時は、時間をずらしてもらうか、キャンセルしましょう。無理に脱毛はしない。自分の体が第一です。


ただし、当日のキャンセルは、脱毛サロンによってはキャンセル料などが発生することもあります。完全に無駄金ですね。こんなことにならないためにも、脱毛前後の禁酒は徹底させたいところです。


関連脱毛コラム

意外!岐阜はトマトの生産量多い?!リコピンと美白、美肌
喫茶店数、喫茶費用が全国第二位の岐阜!コーヒーと美容と健康
エイデンの店舗数、全国1位だった岐阜。家電量販店の脱毛機は?
岐阜県民は外食好き!1年でなんと◯円も使う!美肌のための外食
日本一柿を食べる県、岐阜県!柿に隠された美容効果とは?


岐阜のオススメ脱毛サロン

 

岐阜県民による脱毛コラム

 

取引の倍率を決めよう