岐阜県民による脱毛コラム

日本一柿を食べる県、岐阜県!柿に隠された美容効果とは?

果物は、何が好きでしょう。リンゴ?バナナ?みかん?やっぱりメロン?好きな果物ときかれた時、岐阜の人は、柿と答える人が案外多いかもしれません。なぜなら、柿の消費量が、日本一多い県だからです。



岐阜県での一世帯あたり柿の消費量は、年間7,373g! 2位の鳥取県が、5,051gなので、かなりの差をつけての1位です。


全国平均は、2,916g。全国平均の倍以上、岐阜県人は、柿を食べているんですね。最下位は、群馬県の1,186g。群馬県の人と比べると、6倍くらいの柿の消費量。結構な違いです。


岐阜県は、富有柿の発祥地。生産量もナンバーワンかというとそうではありません。たしかに多く、年間17,700トンですが、全国4位。つくっているから、食べるというのは、確かにそうですが、それ以上に柿が好きなんですね。


柿全体でゆうと、他の果物と比べてどれくらい日本人は、消費しているんでしょう。果物の年間消費量ランキングベスト10もみてみましょう。


●1位バナナ 19.8kg

●2位みかん 14.1kg

●3位りんご 13.3kg

●4位なし 4.7kg

●5位メロン 4.5kg

●6位すいか 4.4kg

●7位イチゴ 3.2kg

●8位かき 2.9kg

●9位グレープフルーツ 2.6kg

●10位ぶどう 2.6kg

●次点もも 2.0kg


柿は、8位。思った以上に人気があるんですね。グレープフルーツ、ブドウの上をいきます。ももは、高いから順位が低いんでしょうか。でもメロンは、5位に入っていますね。


1位は、やっぱりバナナ。安定して美味しさで、食べやすくて、安い。キングオブフルーツですね。みかんやリンゴもそれに追随。ベスト3が飛び抜けています。


柿に隠された美容効果とは?


こんなことわざをご存知でしょうか。「柿が赤くなると医者が青くなる」柿を食べる人が増えると病人が減ってしまうので、お医者さんが困るというような意味合いですが、それだけ栄養が豊富だということ。美容にも効果がある栄養素なんです。


◯ビタミンC
柿には、ビタミンCが豊富に含まれています。その量は、柿1つで、1日に必要なビタミンCをまかなえてしまえるほど。


ビタミンCは活性酸素を抑制してくれます。お肌のシミ、そばかすの予防、しわ、たるみ対策にもなります。美肌のために、ビタミンCです。


◯β-カロテン
β?カロテンにも抗酸化作用があり、ビタミンCと同じような効果があります。ただ、このβ?カロテン、普通の生柿を食べるより、効率的に摂取することができる方法があります。それが、干し柿。なんと生柿の2倍くらいのβカロテンが含まれています。


干し柿の方がお菓子みたいで、好きという方も多いでしょう。βカロテンのためなら、干し柿です。


◯ペクチン
ペクチンとは食物繊維。柿のペクチンは、水溶性の食物繊維で、コレステロールの吸収を抑制してくれます。ダイエットにも効果ありです。


◯タンニン
渋み成分タンニン。タンニンには、血液中の毒素や悪玉菌を減らし、血液の流れをよくしてくれるものです。新陳代謝アップで、美肌効果もあっぷです。


何か柿の成分は、いろいろ体に良さそうですね。岐阜の人は、健康な人が多いんでしょうか。


関連脱毛コラム

意外!岐阜はトマトの生産量多い?!リコピンと美白、美肌
喫茶店数、喫茶費用が全国第二位の岐阜!コーヒーと美容と健康
岐阜県民は外食好き!1年でなんと◯円も使う!美肌のための外食
ココイチ店舗数全国2位の岐阜県!カレーは美肌効果あり?
岐阜の人は、和食好き?和食外食費用が全国トップ!ムダ毛も抑制?


岐阜のオススメ脱毛サロン

 

岐阜県民による脱毛コラム

 

取引の倍率を決めよう